4号館に置かれた木の机はカードゲームしやすそうでした

個人創作サークル『4号館の机』のブログです。
元々はアナログゲーム製作サークルでしたが、
今はゲーム問わず好きなものを作ってます。

カテゴリ: イベント参加

先日開催されたゲームマーケット2018秋にて、4号館の机に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

今回は3年ぶりに独立した試遊スペースでの参加でした。それと同時に、初めて他サークルさんが製作したゲームの委託も行ない、ポスターや立体的なディスプレイなど、これまで行ってこなかった細かな部分についてもいくつか挑戦してみました。
結果的に改善が必要と感じる部分も多く(「委託」の表記をお品書きには書いていたが展示物には最初書いていなかった等)、当日、手際が悪くお手数をかけてしまった方もおられたかも知れません。申し訳ございません。

ただ、ポスターがあるとやはりイベント出展に対するモチベーションは高まりますし、いつもと異なる環境だからこそ新鮮な気持ちで参加できましたので、何事も挑戦だなと感じています。

* * *

試遊スペースについては、今回新作が委託品のみだったこともあり、委託元であるNo Brand Creatorsさんのゲームをメインに回していました。
主にゲームの作者さんご本人がインストしていたため、私自身はあまりインストしませんでしたが、それでも委託ゲーム含めて4回ほど説明させていただきました。まったく知らない方に、でもゲームに興味を持って下さった方に遊んでもらうというのは、何度やっても他では得がたい貴重な経験だなと、しみじみ感じます。

委託品がラブライブ!の同人ゲームだったこともあってか、僕らの今はつながっている。も何度か試遊して頂く機会がありました。ありがたい限りです。
このゲーム、慣れてしまえば目的を達成することは難しくないのですが、試遊に来られる方はゲームを知らないからこそ来られるわけで、ああでもないこうでもないと皆さん悩まれていました。
そんな中で、(恐らくテキストの、誰でも勧誘できるという効果をさして)穂乃果さすがです、という言葉を聞いて、アニメを思い出してうっかり感動するという危機がありましたが、それはさておき。

印象的だったのが、ラブライブ!を知らないけど折角なのでという事で、“僕つな”を遊んで頂いたとき。
キャラクターを知らないだけでも大変な上、ルール自体も独特なので中盤までは把握するのにとても苦労されていたのですが、終盤になってゲームの構造が見えてくると面白どころも理解されたようで、結果失敗にはなりましたが満足そうに帰っていかれました。
その際に言われた『複数人でルービックキューブをしてるよう』という感想は、なるほど確かにその通りだと目から鱗でした。
作品を知らないからこその純粋な意見であり、こういった今まで気付かなかった視点を発見できるのも、様々な嗜好の方が訪れるイベントならではだなと思います。

* * *

他にも、ぜひ一度お会いしたかった方に挨拶できたり(突然お邪魔してしまい失礼しましたっ)、久しぶりにゲームを購入したり、パスタがおいしかったり、盛りだくさんな一日でした。

お会いした方、手に取って頂いた方、遊んで頂いた方、手伝ってくれた友人等々、皆様本当にありがとうございましたっ。
次回は(受かれば)新会場ですねっ。どんな会場かまったく不明なので楽しみです。
受かることを祈りつつ、またお会いした際は、どうぞよろしくお願い致しますっ。

ご無沙汰しています。唯名です。
明日11/24から開催されるゲームマーケット2018秋の出展情報です。

4号館の机は1日目土曜日にE36にて出展します。

残念ながら新作はありませんが、僕らの今はつながっている。の追加ルールを
用意しました。
内容は5~9人プレイ用のルール(大人数プレイルール)です。
大人数ならではの困難と楽しさが少しでも伝われば嬉しいです。

なお、テストプレイ環境の都合上、7人以上はひとり仮想プレイでの調整となっています。
いつか実際に遊べたらいいな。

* * *

また、今回はNo Brand Creatorsさんの委託として
大富豪拡張型カード&ルール
「みらいのぼくらはときのらせんのなかで」
も頒布します。愛称は"みんなで"です。
こちらもラブライブ!をモチーフにした同人ゲームになります。
ルール的には、文字通りトランプゲームの大富豪にルールを追加したものになりますが、
大富豪のルール(手札や流しなど)にちょっとした世界観が色付けされています。

その色付けを理解して、
説明書のストーリーや紹介ブログのプロローグも読んだ上で遊ぶと、
このゲームならではの楽しみに出会えるのではないかなと思います。

* * *

それでは最後にお品書きを掲示しつつ、
当日楽しみにお待ちしておりますっ。

ゲームマーケット2018秋お品書き(72dpi)

先日はゲームマーケット2018春の当ブースにお越し頂いた皆さま、ありがとうございました。

今回新作がない中、ありがたいことに過去作に興味を持って頂けたことが何より嬉しいです。
もし、ルールに不明点がありましたら、本ブログを確認したり、Twitter等で質問ないしつぶやいて頂ければと思います。できる限り対応させて頂きます。

* * *

その上で、タイトルにも記載しましたがLong Long Long SwordGirl! 拡張ルールにおいて不備が見つかりました。
対象はゲームマーケット2017秋から頒布している
 『Long Long Long SwordGirl! 基本&拡張セット(廉価版)
  Girls and Dragon!! 説明書 Ver1.20a』
になります。
後日修正版の説明書を掲載しますが、取り急ぎ、修正内容について以下に記載致します。
ご迷惑おかけし申しわけありませんが、よろしくお願い致します。
※2018/5/13追記:修正版の説明書をアップしました。(Ver1.22a)

●修正内容
p.2「場の配置 ◇ドラゴンの山札」に以下の注釈を追記
「※ドラゴンの山札からカードを引く際に山札が足りない場合、ドラゴンの捨て札置き場をまとめてよく切り、
新たな山札とした上で引きます。ドラゴンの捨て札置き場にもカードがない場合は何もしません。」

* * *

また、今回無料配布したペーパーに掲載したミニゲームについてもブログ上で公開する予定です。
そちらもご興味あれば遊んでみてくださいませ。
※2018/5/13追記:ミニゲームの説明書をアップしました。(Ver0.91a)

こんばんは。あるいは、おはようございます。

前夜当日の告知しかできていなくてすみません…。
5/5(土)に開催されるゲームマーケット2018春の1日目に、
4号館の机として出展します。

おしながきはこちら。

ゲームマーケット2018春お品書き(72dpi)

新作はありませんが、無料配布のペーパーを少し持っていきます。
内容はモノクロイラストと、他愛のない文章と、ちょっとしたミニゲームの予定。
ゲームはLong Long Long Sword Girl!のカードとサイコロを利用したチキンレース的なものです。
とはいってもカードは少女と裏面しか使わないので、LLLSG!を持っていなくても頑張れば遊べると思います。
ご興味あればお手に取ってみてくださいませ。

それでは本日はよろしくお願いいたします。

先日12/2、3に開催されたゲームマーケット2017秋に参加された皆様、お疲れさまでした。
私のサークルは1日目に参加させて頂きました。

足を運んでくれた方、たまたま立ち止まって見てくれた方、購入してくれた方、
お隣だったサークルの方、
こちらからお邪魔させて頂いたブースの方、
それと手伝ってくれた友人、
皆様ありがとうございました。

Twitterの方でも少し呟きましたが、
今回もイベント準備で慌ただしかったのに加え、サークル活動外でも突発的な出来事があったせいで、
危うく準備が終わらないまま参加しかねない状態でした。
幸い、何とか体裁だけは整えて当日に間に合ったわけですが、
ギリギリまで睡魔に抗った結果、日曜は昼過ぎまで眠りに落ちてました。睡眠大事。

そんな状態でしたので、一応意識だけは保っていたつもりですが
もしかしたら失礼をしていたかもしれません。
もしお気に障られた方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません…。

***

今回はサークルとしての完全な新作はなく、
夏のコミティアで出したコピー本の加筆修正版と、
Long Long Long sword Girl! および Girls and Dragon!! のセットを
新しい頒布物に加えておりました。

後者については廉価セットと名付けていましたが、
これは作成費用を抑えるためにプレイ人数用アイコンを削除し、
代わりに簡易的な2、3人用ルールに変更したためです。

ただ、上記以外にも説明書の記述の修正は行っています。
特にGirls and Dragon!!については、ルール自体は変えていませんが
章立てから見直しているので、多少理解しやすくなっていると思います。

そして、剣が長くなったときのために、サイコロの出目管理用のマーカーを付けました。
たまたま手元に余っていたので追加したのですが、
結果的に廉価版なのかよく分からないことに…。
でも、あると拡張で遊ぶときの負担が少し緩和するので、気にしないでおきます。

なお、2、3人用の簡易ルールは以前のカードでも遊ぶことができます。
特に2人用ルールは難易度が低くなっているので、
既にゲームをお持ちの方も遊んでみてください。


ちなみに、前者のコピー本のタイトルにつけた『紙切寓話』は『かみきれぐうわ』と呼びます。
自分の好きなものをとりとめなく張り合わせていきたいな、という気持ちがあって
スクラップブックにあやかって付けています。
今後も気の向くままに出していけたらといいな。
ミリペンでひたすら樹を描くの楽しい。ひどく疲れますが。

***

色々と書いてたら長くなってきましたが、もうひとつだけ。

「さぁ、ハレの日を描こう!」の補足ページを更新しました。
より高い難易度で遊ぶための選択ルールを追加しました。
基本のルールは少し易しめなので、全員がゲーム慣れしてる場合は
最初から選択ルールを採用しても良いかも知れません。
良かったら試してみてください。

***

それでは、またどこかでお会いできましたら、よろしくお願い致します。
次は何をつくろうかなぁ。

↑このページのトップヘ