4号館に置かれた木の机はカードゲームしやすそうでした

個人創作サークル『4号館の机』のブログです。
元々はアナログゲーム製作サークルでしたが、
今はゲーム問わず好きなものを作ってます。

2014年10月

唯名です。

検討中だった頒布価格と取り置きについて、
詳細が決まりましたのでお伝えします。

まず、LLLSGの頒布価格についてです。

「Long Long Long Sword Girl!」
対戦カードゲーム
プレイ人数:2~4人用
プレイ時間:10~30分程度(人数が多いほど時間がかかります)
 頒布価格:1200

(2014/10/27 内容物を追記)
(2014/11/09 内容物を最新の情報に更新)
内容物:カード        40枚(少女カード 4枚、特殊行動カード 36枚)
    サイコロ        4個
    ドラゴンシート(※)  1枚
    説明書         1部
※ドラゴンシートはその名の通りドラゴンのイラストが描かれており、パッケージイラストを兼ねる予定です。ゲーム中は、ドラゴンからの攻撃順序を示すために使用します(ブログではまだ未説明)

さらに、取り置き予約を実施いたします。
取り置き対象は「Long Long Long Sword Girl!」です。

予約はメールにてお願いします。
メールの件名に「ゲームマーケット2014秋取り置き予約」と記載し、
本文に下記内容をすべて記載してお送りください。


  • お名前
  • 「Long Long Long Sword Girl!」の取り置き個数

こちらで確認次第、メールを返信させて頂きます。
その返信メールを持って予約が完了したものと致します。
また返信メールにて引き取り用キーワードをお伝えします。

メールの宛先は以下となります。
 4gokantable[あっとまーく]gmail.com

※送信してから3日以上経過しても返信メールが来ない場合、正しく受信できていない
 可能性があります。その場合はお手数ですが再度送信をお願いします。
※予約締切につきましては「11/9 23:59」までとさせて頂きます。

 (2014/11/09 予約締切を延長)
 予約締切につきましては「11/12 23:59」まで延長致します。

 万一、予想より予約数が多くなった場合、締切前に打ち切らせて頂くかもしれません。
 ご了承ください。
※当日引き取りに来られる際は、お名前とキーワードを売り子の方にお伝えください。
※当日の15時00分までに引き取りに来られなかった場合、キャンセル扱いとさせてい
 ただきます。

(2014/11/14追記)
上記締切を過ぎましたので取り置き予約は終了致しました。
ご予約いただいた皆さまありがとうございました。当日もよろしくお願い致します。
なお、当日頒布分は全体数に対して十分にございますので、
予約できなかったという方も当日ブースにてお待ちしております。


締切については、本当は前日まで予約受け付けたい気持ちなのですが、
前日に慌てるのが目に浮かぶので1週間前にしております。ご了承ください。

4号館の机の唯名です。
ゲーム製作も山場を越え、ようやくゲームの紹介までこぎつけました。
興味を持って頂いている方には大変お待たせいたしました。

まずタイトルですが
 Long Long Long Sword Girl!
に決定しました。
仮タイトルをほぼそのまま、末尾に「!」を付けた形です。

ゲームの目的は「一匹の巨大な竜を誰よりも先に倒す」こと。
そのためにプレイヤーはそれぞれ「剣を手にした少女」となって竜に挑みます。
なぜ少女達が剣を構えて竜に挑むのか…。その理由は一応考えてありますが、
何となく秘密にしておきます。

ともあれ、プレイヤーは少女となって誰よりも先に竜を倒すのが目的となります。
では、ゲーム中どのようにして少女達が竜を倒すのか、説明していきたいと思います。

…が、書いてみたら結構長くなってしまったため、先にブースと頒布情報を記載します。

●ブース
J10「4号館の机」
今回はイベントスペースがあります。ぜひお立ち寄りくださいませ。

●頒布物(確定)
「Long Long Long Sword Girl!」
対戦カードゲーム
2~4人用
10~30分程度(人数が多いほど時間がかかります)
※頒布価格は1000~1300円の間で検討中です。

●頒布物(未定)
GM2014春頒布
「私たち、町のことのは、守ります。」
協力型カードゲーム
※用意が間に合えば。

また、もしかしたら頒布物の取り置き受付を行なうかもしれません。
現在検討中ですが、この週末中には決まるはず…。
決まり次第ブログやTwitterで告知しますので、その際はよろしくお願いいたします。

では改めて、ゲームの紹介をカード画像も交えつつ説明していきます。

続きを読む

↑このページのトップヘ