4号館に置かれた木の机はカードゲームしやすそうでした

個人創作サークル『4号館の机』のブログです。
元々はアナログゲーム製作サークルでしたが、
今はゲーム問わず好きなものを作ってます。

またしばらく間が空きました。

現在ゲームマーケット2015春に向けた作業の真っ最中ですがようやく終わりも見えてきたので、新作「Girls and Dragon!!」について少し説明をしたいと思います。

+---

「Girls and Dragon!!」は前作「Long Long Long Sword Girl!」(以下、LLLSG)と組み合わせて遊ぶことのできる拡張カード&ルールです。単体では遊べないのでご注意ください。

なお、LLLSGがどんなゲームかをひとことで説明すると
 「少女が持つ剣を6倍にして攻撃したら勝ち」
というゲームです。
詳細は以前の紹介記事説明書を公開していますので、よろしければ参照してみて下さい。

そして、そんなLLLSGをもう少し突き詰めてみたい、と思って製作したのが「Girls and Dragon!!」という訳です。
突き詰めたいこと。それはもちろん、
 「もっともっと剣を伸ばしたい!」
この一点です。

+------

LLLSGではドラゴンを倒すために剣の長さが最低6必要でした。6にするだけでも割と一苦労でしたが、拡張ルールを用いるとゲームが進むに従って必要な長さがどんどん増えていくようになります。

place-dragon
上の画像は「Girls and Dragon!!」で遊ぶ際の場の配置(抜粋)です。
見慣れないカードがあると思いますが、ここでは何か新カードなんだなという程度に捉えてください。詳しくは後ほど説明します。
ここで重要なのが中央の場に追加された「ドラゴンの場」です。ドラゴンの場に置かれたカードはドラゴンの現在の大きさを表しており、枚数が多いほどドラゴンが大きいということになります。

ドラゴンの場には、毎ラウンド開始時にカードを1枚増やしていきます。
1枚増えるとドラゴンの大きさは1増えます。そしてドラゴンの大きさが+1されると、ドラゴンを倒すために必要な剣の長さも+1されます。つまり1ラウンド目は剣の長さ7、2ラウンド目は8となり、もし最終ラウンドまで放っておくと剣の長さが13以上ないとドラゴンを倒せなくなってしまいます…。(※実際にはカードの効果によってもっと増えたり少なかったりする場合もあります。)

ドラゴンが大きくなるだけではプレイヤーに勝ち目がありません。そこで、少女達も新たな力を手に入れています。
それが拡張カード、ドラゴンカードです。

back-dragon
ドラゴンカードは裏面はすべて赤い剣になっており、攻撃に成功することで手に入れることができます。手に入れたカードはこれまでの剣同様、剣の長さを+1するために用いることができますが、赤い剣にはさらに追加効果があります。
それは、赤い剣を用いて伸ばした場合、続けてもう一度ドラゴンに挑むことができるのです。剣が長くなればその分攻撃も失敗しやすくなりますが、成功さえすれば一気に剣を伸ばすことができる夢のような力です。
反面、赤い剣にはデメリットもあります。赤い剣は手番終了時に必ずすべて捨てなければなりません。どんなに剣を伸ばしたとしても、手番が終われば元の長さに戻ってしまいます。そのため、いかに一気に剣を伸ばしてドラゴンを倒すかを考える必要があります。

dragon1-1
最後に表面について。
ドラゴンカードはふたつの効果が記載されたレイアウトになっています。
上部の灰色部分はこれまでと同じ特殊行動カードとしての効果、下部の赤い部分が新しく追加されたドラゴンの場に置かれたときの効果になります。下部の効果内容は基本的にプレイヤーへのペナルティですが、中にはプレイヤーに有利な効果も存在します。

+------------

いかがでしょうか?

「Girls and Dragon!!」を用いることでLLLSGのゲーム性は大きく変化します。
上では説明しませんでしたが拡張の仕方も実は2種類用意しています。

ひとつは、LLLSG同様、まずドラゴンに勝つことが難しいルート。

もうひとつは、勝てて当然、いかに早く長く倒すかを競うルート。

どちらのルートも癖のあるバランスになっているため、LLLSGは楽しめたけど拡張はつまらないと感じる人が、もしかしたらいるかも知れません。
逆に、拡張したことで面白いと感じる人もいるかも知れません。

けれど「剣を伸ばしてドラゴンを倒す」という根っこの部分は相変わらず変わっていません。もし興味を持った方には、ぜひまた剣を伸ばしていただきたいなと思います。


なお、頒布情報や取り置き予約等につきましては現在調整中です。
お待ちいただいてる方にはご迷惑お掛け致しますが、もうしばらくだけお待ちください。

あけましておめでとうございます。
…と書き出そうと思っていたら、もう半月過ぎてしまいました。
4号館の机の唯名です。

大きなトピックがないと更新していないブログですが、
年明けくらいはゆるりと更新してもいいかな、と思いこの記事を書いてます。

とはいえ何もないわけではなく。
前回の記事でも書いた通り、ゲームマーケット2015春の出展申し込みを
少し前に行いました。
受かるといいですがこればかりは運任せですね。

そして、申し込みをしたからには出展内容も少しだけですが決めています。
続きを読む

1週間が過ぎました。唯名です。

11/16に行われたゲームマーケット2014秋、および前日ゲーム会にて試遊や購入をして頂いた皆様、誠にありがとうございました。おかげさまで「Long Long Long Sword Girl!」は作成した分をすべて頒布することができました。

「大剣少女が持つ剣を物理的に伸ばす」という、完全にネタであり出オチ感にあふれたこのゲームが果たしてどのくらいの人に遊んでもらえるのか、製作中はまったく予想できず、ただ「自分が好きだから他にも好きな人はいるはず!」という一心で作っていました。
それがカタログやブログで徐々に情報公開されるにつれて、まったく予想外のところから反響を頂いて嬉しくなる反面、「こんなに反響があっていいのかな…」と戦々恐々もしておりました。それでも自分の好きなものが評価されるというのは純粋に嬉しいことで、以後の作業の励みにもなりました。本当にありがとうございます。

先に出オチと書いたLLLSGですが、もちろんゲームとしても楽しめるよう調整しております。サイコロを振る関係上ゲームバランスは大味ですが、大味のなかにもちゃんと考える要素を含めています。重めのゲームを遊んだ後の箸休めにでも、是非みんなでわいわい遊んで頂けたらうれしく思います。

それと、正式な説明書を公開しますのでよろしければご利用ください。
(併せて、以前に公開した試作版は公開終了します。)
Long Long Long Sword Girl! 説明書 Ver.1.10a ※2015/5/3更新
Long Long Long Sword Girl! 特殊行動カード リファレンス Ver.1.10a ※2015/5/3更新

※重要※
ゲームの終了とクライマックスシーンの延長について、試遊時のインストで一部、説明書と異なる説明をしておりました。説明書を読んで混乱させてしまった方がおりましたら、誠に申し訳ございません。正しくは説明書に準じます。以下に該当のルールについてQA形式で説明致します。
Q:7ラウンド目で「これが私の本気。」を使用した場合、「これが私の本気。」の効果
  によりクライマックスシーンは延長されるのか(8ラウンド目に突入するのか)?
A:延長はされません。
  説明書の「ゲームの終了」にて説明している通り、7ラウンド目が終了した場合は
  その時点でゲーム終了となります。したがって、「これが私の本気。」の効果によって
  クライマックスシーンが延長されることはありません。


さて、今後の予定ですが、できれば次回のゲームマーケット2015春にも出展したいと考えています。

その際、LLLSGを再頒布するかは検討中です。正直、半年後にどのくらいの方が欲しいと思っているか分かりませんし、ただ再頒布するだけでいいのかという事もありますので、まだしばらくは悩もうと思います。
逆に新しいゲームは製作したいなと思っています。町のことのはもLLLSGもゲームのベクトルは違っていたので、恐らく次回作も別ベクトルになる気がします。

そういうわけですので、既存作、次回作ともども、どこかで見かけた際は是非またよろしくお願い致します。

↑このページのトップヘ