4号館に置かれた木の机はカードゲームしやすそうでした

個人創作サークル『4号館の机』のブログです。
元々はアナログゲーム製作サークルでしたが、
今はゲーム問わず好きなものを作ってます。

本サークル「4号館の机」は、私、唯名がマイペースに活動している個人サークルです。
主にアナログゲーム(カードゲーム)を作っていますが、活動を始めた理由に「イラストを描きたい」という想いがあるため、イラストメインの作品も少しずつ作っています。

なお、個人サークルではありますが複数人で遊ぶゲームを作る際は、いろんな知り合いの力をお借りしてます。(いつも無茶なゲームデザインに付き合っていただいて本当にありがとうございますっ。)

作ってる人

名前:唯名(ゆいな。『しいな』ではないです。まぎらわしいってことは分かっているけど変えどきを失いました…。
性別:男性
好きなこと:TRPGをする、落書きをする、アナログゲームを作る、ラブライブ!を楽しむ、アニメを観る、アニラジを聴く

今後の予定

未定

活動履歴

続きを読む

ここでは、「さぁ、ハレの日を描こう!」に関する補足説明などを掲載します。
ゲームを遊ぶ際に不明な点が見つかった際は、このページに記載した内容を一度確認してみてください。もし、マニュアルやこのページを確認しても解決しない場合は、お手数ですがメールやツイッターアカウント等までご連絡ください。

場面カードの対象について

場面カードの対象は、ルールやカードの内容に、特定の対象が指示されている場合にだけ、意味を持ちます。具体的には次のような場合です。
  • 場面カードの置く場所
  • ゲームのクリア条件
  • 場面カードの解決時の効果
  • カードの効果(「のほほん」、「どんまいっ」、「特訓」など)

場面カードの解決条件について

場面カードが解決したかどうかチェックする際、他のプレイヤーが乗せたパッションチップも『乗っているパッションチップの枚数』に含めてチェックしてください。

場面カードが失敗する条件に付いて

場面カードは、そのカードの効果に失敗条件が書かれていない場合、別のカードによって失敗(または捨て札)とならない限り、場に残り続けます。(マニュアルに記載している通り、[エンド]時に捨て札にすることも、もちろんありません。)

[ドロー]について

[ドロー]にてカードを引く山札は、キャラ山札になります。

「遅刻寸前」について

「遅刻寸前」は、次にあなたのシーンが始まったときに失敗になります。
場に出したシーン中に失敗するわけではありません。

ゲームマーケット2017春から2週間が過ぎました。

遅くなりましたが4号館の机にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
新作「さぁ、ハレの日を描こう!」、本当に何とか無事に完成できてよかったです…。
興味を持って頂いた方々、今回宣伝をろくにしていない中で気に留めて頂きありがとうございました。
手に取って頂いた方々、価格が高めにもかかわらず購入頂き恐縮です。実際に楽んで頂けていることを願っております。

他にも、過去の作品も持ってますという方がいたり、「こんなの欲しくなるに決まってるじゃないですか!」と言ってくださった方もいて、非常に励みになりました。
そうです、こんなの作りたくなるに決まってるんです!


* * *


そんな新作ですが、今回は普段以上に表現したいことと実際の動きとのギャップが全然埋まらず、テストプレイのたびに悶絶していました。落とすかどうかの瀬戸際でどうにかシステムはまとまったものの、そのあとも、デジタルでのイラスト製作の勘所がつかめず四苦八苦したり、説明書作成に相変わらず手間取ったり。それらのしわ寄せの結果、最終的に印刷所からカードが届いたのが前日という体たらく…。頒布価格も直前に確定させたりと、各方面の方々、ご迷惑おかけしました。売り子にも今回新しい方にお願いしたりと、本当感謝しかありません…。

当日もインストの手際が悪く、想いを上手く伝えられず申し訳ないやら歯がゆいやらでした。それでも、一体型ブースの取り回し方を自分なりに少し把握できた気がするのは、唯一の救いです。あの独特の空間は便利そうにみえて自分にはまだ手に余るようです。上手く活かせているサークルさんはすごいです。

それと今回、カード印刷をこれまでと違う印刷所さんにお願いしたのですが、プレイしやすい厚さとマットな質感が心地よくて良いですね。その分、製作費がかさんでしまったのですが、まずはチャレンジしてよかったと思ってます。厚さってやっぱり大事。


* * *


最後に、今回の出展でLong Long Long Sword!がすべて頒布しきりました。今まで購入して頂いた方々も含めて、改めてありがとうございました!
基本はこれで無くなりましたが拡張の方がまだ10個程度残っていて、でもさすがに今後欲しいという方がでてくるかも微妙なのでどうしようかなと思案中です。もし欲しい方がいたらご連絡ください。
『ハレの日!』はまだ残っているので、今後のイベントでも細々頒布していきます。


知人からはもっぱらニッチなテーマ性で評判の当サークルですが、これからも、自分がみんなに知ってほしい『世界』を形にしていくと思いますので、興味を持たれた際はよろしくお願い致します。
それでは改めて、ありがとうございましたっ。

↑このページのトップヘ